脇の下特有の問題点とは

脇の下の脱毛を行う際覚えておかなければならないことがあります。それは、他の部位と比べると比較的デリケートな部位であるということと、衣服や下着などと密着するため摩擦による刺激を受けやすい部位であるということです。デリケートな部位であれば脱毛によるリスクは高くなりますし、刺激による影響も大きくなります。
埋没毛の主な要因は脱毛時に上手く引き抜けずに途中で切れてしまうことです。途中で切れたムダ毛が皮膚の下で成長してしまい、普通に処理を行うことができなくなります。無理やり引き抜こうとすると皮膚を傷つけてしまいますので自然に出てくるのを待つしかありませんが、表面に顔を出すようになるまではしばらくかかるケースも多いようです。
また、摩擦やムダ毛の自己処理によって皮膚が硬くなって、生えてきたムダ毛が表面に顔を出せなくなるケースもあります。皮膚が硬くなるのと同時に厚くなることも多いので、そうなると余計にムダ毛は表面に出てくることができません。皮膚が硬くなってしまったら、ターンオーバーの作用を利用して少しずつ柔らかくしていかなければなりません。柔らかくするには、与える刺激を減らす努力が必要です。

関連ページ:oラインの脱毛は痛いのか